So-net無料ブログ作成
検索選択

奇病?ハイランダー症候群とは不老なのか、年を取らない永久幼児体 [人体]

スポンサーリンク




みなさんハイランダー症候群って知っています?
実は私、この奇病ハイランダー症候群について
知ったのはごく最近なんですけど
どうも不老、それも一定の年齢まで体が成長したら
あとはそのまま年を取らない症状の病気なのだとか。
ハイランダー症候群、それははたして病気なのか
それとも死を克服する希望?



科学的な長寿薬が半額で購入できます。
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 


ハイランダー症候群について検索すると、
たいていヒットするのがこちらの画像。
まぁ見てくださいな。

【まるで少女のようなハイランダー症候群のひと】


どう見ても就学前のあどけない女の子ですけど、
次の画像を見てください。


【えっ、チョコでしょ?いえいえ煙の出るほうです。笑】

「…ははぁ、家庭環境が良くないのね」
と思った方、私と握手ですwww
でも間違い、彼女はどうやら22歳の成人だそうです。
エエーッ!!ですよね。
いったい何がどうしてこうなったのか、
それは今後の研究が答えを出してくれるでしょう。
しかし注目すべきは、その症状でしょう。
患者の容姿に経年による変化がないのはご覧のとおり。


【ハイランダー症候群とは何か?】
身体的に年をとらない病気のことをいいます。
しかし、死の直前の数日で急激に老化すると言われています。
http://ask.nate.com/qna/view.html?n=10299326


【ハイランダー症候群?若作り?】

画像1.

画像2.

画像3.

画像4.

画像5.

ほとんど老いを感じませんね。
というか、この方はハイランダー症候群ではないかも。笑
なんにせよ老いを感じずに加齢していくのは
アンチエイジングに励む現代人にとって
羨望の的と言えるかも。
まぁ、幼児のままというのは別にして。

そもそも【老い】とはなんでしょうか?
細胞で言うと、染色体の両端に付いている
テロメアという酵素が、細胞分裂時に
半分、また半分と分裂のたびに短くなっていき
そのテロメアが尽きると細胞が死を迎えます。
そして人間は、遺伝子情報により成長を続け
染色体の破損や紫外線などの影響を受けて
少しずつ細胞の寿命を使い切り、染色体異常と
修復を繰り返して「老化」していきます。

それがこのハイランダー症候群の患者には見られない。

遺伝子エラーで加齢が進行しないのか、
テロメア酵素がガン細胞のように減らないのか
遺伝子が外的要因によって変化しないほどに
強靭で、なおかつホメオタシスにより身体を
維持し続けているのか。
この奇病の原因に対する興味は付きません。

まぁ、我々はなるべく理想的に自らの体を管理し続け
運動・休養・栄養により健康を維持し
事故などの危険を回避して死をなるべく遠ざける
ことで長寿を得るしかないのでしょう。


または、若さを買う方法もありますけど…



こっちのほうが一般的かも…
あの若作り医師も実践しているゴボウ茶
自分でやるとなるとなかなか大変なんですよね。
というのも自分で作ってましたから。
…挫折しましたけど。
今ではこうして出来合いのものもありますし
国産で品質も安心だし
ただこれ、残り少ないようなので早めにね。




*** 以下は、一線を隔した情報 ***

ここから先で紹介するのは、
細胞の寿命に具体的に作用させる商品です。
遺伝子や染色体の知識のある方が
納得して使用する商品です。


さて、アンチエイジングを本当に本気で
お考えの方だけにオススメしたいのがこの薬。

私も細胞レベルでテロメアに作用するのは
この薬と”もう一つの薬”くらいしか知りません。

これは輸入薬で、今後も円高が続くと予想されますから
今のうちにある程度確保されてほうがいいです。
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
奇跡の薬 TA-65


TA-65 は、日本人の認知度は低いものの
知る人ぞ知るアンチエイジング薬です。
その効果は、染色体の寿命に関わる
テロメナーゼに酵素作用して細胞寿命を伸ばすもの

従来の抗酸化薬とは、思想がそもそも違います。

ご理解のうえ、人知れずに寿命を引き伸ばしてください。


関連情報

今世紀中に人間の寿命は1000年に!?


【関連記事】
アンチエイジングは脳から 鍵は性ホルモン 老化の秘密



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
日々のよろず日記